園芸施設共済


加入について

 所有または管理する施設の合計面積が2a以上の農家が対象になります。ガラス室をはじめとする特定園芸施設(ハウス本体・被覆材)と選択加入(オプション)の附帯施設、施設内農作物、撤去費用、復旧費用となります。

対象となる災害

 風水害、雹害、雪害、その他気象上の原因(地震、噴火を含む)などの自然災害、火災、破裂及び爆発、航空機の墜落及び接触並びに航空機からの物体の落下、車両及びその積載物の衝突及び接触、病虫害および鳥獣害が対象となります。

補償期間

 共済掛金を払い込んだ日の翌日から1年間の補償となります。未被覆期間も骨材等が補償されます。

補償の内容

 施設が損害を受けた場合に、施設の資産価値(注1)の8割を上限に共済金を支払います(注2)。
※農業者の選択により、復旧費用の補償、撤去費用の補償も追加できます。
(注1)資産価値は、耐用年数の経過に応じて年々低減して評価します。(100〜50%)
(注2)1棟ごとに、損害の額が3万円(又は補償価格の5%)を超えた場合に共済金を支払います。
(注3)復旧費用の共済掛金は、農業者の全額負担となります。

(小損害不てん補金額の選択)
 農家ごとに@3万円(又は共済価額の5%)、A10万円、B20万円、C50万円、D100万円のいずれかを加入時に選択できるようになりました。選択する金額により掛金を少なくすることができます。


補償額

 補償金額(共済金額)は施設の共済価額(時価額)の4割〜8割で加入者が選択できます。
 共済金額 = 共済価額 × 補償割合(4〜8割)

共済掛金

 掛金の50%を国が負担します。(復旧費用は除く)
 農家が負担する掛金 = 共済金額 × 共済掛金率 − 国の負担額
 共済掛金率は、過去20年間の被害率を基礎として施設部分・施設内農作物部分および撤去費用部分、復旧費用部分ごとに定められ、3年ごとに見直されます。農家ごとの共済金の支払い実績を基に、掛金率を段階的に設定する「危険段階別共済掛金率」を導入しています。

共済金のお支払い


 お支払する共済金 = 損害額 × 補償割合(4〜8割)