建物共済


加入について

 火災共済と総合共済があります。農業に従事する方が所有する又は管理する建物です。

対象となる災害

 火災共済 : 火災、落雷、破裂、爆発、物体の落下・衝突など
 総合共済 : 火災共済の対象となる災害に加えて、風水害、雪害など自然災害、地震など

建物の用途・構造


建物の用途
普通物件住宅、納屋、物置、土蔵、畜舎、農作業場、倉庫、集会所(330u未満)、アパートなど
特殊物件販売店舗、併用住宅、事務所、神社、寺院、集会所(330u以上)、医療施設、理髪店など
特殊割増物件料理店、飲食店、販売店舗(330u以上)、木材加工、工場(火気使用)、自動車修理工場など



構造の判定チャート




共済掛金一覧表


構 造共済金額1000万円当り掛金(年間)
火災共済総合共済
普通物件一般造8,400円31,900円
耐火B4,800円29,600円
耐火A2,600円28,200円
特殊一般物件一般造13,700円35,300円
耐火B6,600円30,700円
耐火A3,100円28,500円
特殊割増物件一般造32,700円47,600円
耐火B14,600円35,900円
耐火A5,100円29,800円

上記の一覧表は特約を付けていない場合の掛金です。特約等を選択されると、掛金が変わります。